Vol.19 高齢者講習とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ひさしぶりの更新となります。

こんにちは

満70歳を超え、高齢者講習の通知を受け取ったものの、どうすればいいのかわからないという方も多いのではないでしょうか。

また、満75歳以上になると認知機能検査の受講が義務付けられており、受けなければどうなるのかと不安を抱く方もいると思います。

そこで今回は、高齢者講習と認知機能検査について詳しく解説します。

高齢者講習とは?

高齢者講習とは、高齢者の方が安全に車を運転するために受けなければならない講習です。
講習内容や講習時間は、年齢によって異なります。

年齢別の高齢者講習にかかる手数料と時間

  • 70~74歳の人もしくは75歳以上で判断力や記憶力の低下を自覚していない方

手数料が5,100円

機材を使った診断やコース内での運転の診断でおよそ2時間

  • 75歳以上で判断力や記憶力の低下を自覚している、または自信がない方

手数料が7,950円

適性検査と実車診断、個別指導で合計3時間程度

 

高齢者講習の内容

講習内容は双方向型講義と適性検査、実車検査です。

双方向型講義とは交通ルールや安全運転に関するルールを再度確認します。

適性検査はシミュレーターなどを使った診断と実車はコース内で実際に運転をして行動を診断します。

75歳以上の人が受ける個別指導は、実車をした際の映像に基づいて行われる指導です。

受講期間は有効期間満了の6ヶ月前~満了日までであり、受講場所は各都道府県が指定する自動車教習所で行われます。

持参しなければならない物は、高齢者交通通知書、免許証、手数料、筆記用具のほか、必要に応じてメガネや補聴器などが必要です。

高齢者講習の認知機能検査とは?もし認知症と診断されたら免許は?

運転免許の更新期間満了日までの時点で年齢が75歳以上の方は、高齢者講習を受講する前に認知機能検査もしくは、一定の違反などがある場合は、臨時認知機能検査を受けることになります。

認知機能検査と臨時機能検査では、検査後の講習内容や対応の流れがかわりますが、検査の内容はほとんど変わらず、判断力や記憶力の判定を行う検査となっています。

認知機能検査後の流れとしては、高齢者講習を受けることとなっていますが、検査結果によって「第1分類」「第2分類」「第3分類」と分けられ、それぞれに異なる内容の講習を受けることとなっています。

  • 第1分類…記憶力・判断力が低くなっている方(認知症のおそれがある方)
  • 第2分類…記憶力・判断力が少し低くなっている方(認知機能が低下しているおそれがある方)
  • 第3分類…記憶力・判断力に心配ない方(認知機能が低下しているおそれがない方)

認知機能検査は、運転免許の更新期間満了日の6ヶ月前から受けることができます。

対象者には、高齢者講習の通知と認知機能検査の通知が郵送されるようになっています。

認知機能検査によって免停になる条件

認知機能検査の結果のうち、第1分類である「記憶力・判断力が低くなっている(認知症のおそれがある方)」という検査結果が出た場合、高齢者講習後に臨時の適性検査かお医者さんの診断書の提出が求められます。

臨時の適性検査や主治医の診断の結果、「認知症ではない」と診断された場合は免許の更新が可能ですが、「認知症」と診断された場合は、車の運転に関しても様々な事故に繋がる可能性が高いため、免許の取消か免停になります。

おさらい

高齢者講習は、75歳未満と75歳以上で流れが異なり検査結果によっては、時間や内容も変わってきます。
初めて高齢者講習に参加するときには、余裕を持ったスケジュールで参加しましょう。

また、免許返納も視野に入れておくと良いかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
           

最近の投稿

     

コメントを残す

*