Vol.6 大丈夫?車の黄砂と花粉の対策!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

こんにちは、最近車に黄色い汚れがありませんか?

これは黄砂や花粉によるものです。

今回は黄砂や花粉の対策についてお話します。

黄砂

中国の砂漠で巻き上げられた砂などの微粒子が偏西風に乗ってくるものです。

ピークの4月には一度雨が降るだけでボディーが真っ白に汚れることもあります。

放置するとザラザラこすれてキズつきの原因になり、塗装やコーティング被膜がダメージを受けることもあります。

花粉

黄砂と同じ時期に、屋外駐車していてボディや窓ガラスにうっすら黄色っぽい汚れが付着していたら、それが花粉です。

粘着質なので濡れタオルで拭いたくらいではスッキリ落とせません。

花粉は、雨に濡れると中からネバネバした物質「ペクチン」が染み出して、塗装やコーティング被膜に吸着し乾燥するとシミを作ります。

対策

こまめな洗車

黄砂も花粉も、タオルなどででゴシゴシ拭いたりすると大切な塗装やコーティング被膜にキズがついてしまいます。

一度、水でボディー全体の汚れを流した後、カーシャンプーを泡立てて洗い落しましょう

花粉の汚れが落ちないとき

お湯を使って洗うことで取ることができます。

「花粉汚れが夏になったら消えた」という経験は無いでしょうか。

花粉に含まれる「ペクチン」という成分は熱に弱いので、お湯をマイクロファイバークロスなどに含ませて拭くことできれいに取ることができます。

ワックスやコーティングをかけておく

ワックスやコーティングをかけておくことで塗装を汚れから守り、汚れを落としやすくすることができます。

ただ、ワックスの場合は比較的早く効果が薄れてしまうので、ポリマーコートやガラスコーティングなどのコーティングをおすすめします。

車内もどうにかしたい

近年の車の多くは、エアコンフィルターが装備されています。

エアコンフィルターを定期的に交換することで車内にエアコンを通って黄砂や花粉の侵入を防ぐことができます。

メーカーによって消臭効果などの機能がついたものがありますので、カー用品店などで見比べてみると良いかと思います。

 

おわりに

今回は、花粉と黄砂の対策についてのお話でした。

皆様のカーライフより良いものになりますように。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
     

価格に納得!安心の保証付き!!

当社「車の激安店黄門さま」は

  • 認証工場による安心の点検・整備を実施。
  • 一年間全国ディーラ―にて修理可能、納車後距離無制限の安心の保証付き
  • 保証期間中は24時間365日故障による牽引50Km付帯
  • 保証期間最大2年に延長可能

あなたの新しいカーライフをサポートします!


在庫検索

     
     

コメントを残す

*

CAPTCHA