Vol.5 未成年の方が中古車を買うときに必要なもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

これから就職や進学などの通勤・通学のために車を購入される方が増えてくると思います。

18歳から運転免許は取得できるので、高校在学中の方で自動車学校に通われている方も、もうすでに取得されている方もいると思います。

今回は、未成年の方が車を購入する際は通常と何が異なるのかを解説していきます。

未成年者の方は中古車を購入することができるか。

未成年者の方でも中古車の購入は可能です。

しかし、社会人・学生にかかわらず、親権者の同意が必要です。

これは民法にも規定されています。

民法第5条

  1. 未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りではない。
  2. 前項の規定に反する法律行為は、取り消すことができる。

条文上の法律行為とは売買契約が該当します、これは未成年者の方が親などの同意を得ずに勝手に結んだ契約は未成年者本人、あるいは代理人により取り消すことができるということです。

ただし、婚姻している方の場合はこの限りではありません。

未成年者の方でも中古車の購入はすることが可能ですが、親権者の方と一緒に販売店に来店されるほうが理想です。

未成年の方の所有者登録は可能?

軽自動車は、未成年の方であっても住民票と印鑑があればその車の所有者として登録することができます。

しかし、普通自動車の場合は原則として未成年の方は普通自動車の所有者登録ができません。

普通自動車で未成年の方が所有者登録する場合には親権者の同意が必要になります。

ケース別で必要な書類のリストは以下のとおりです。

軽自動車(共通)

  • 住民票(法人の場合は印鑑証明書)
  • 認印(法人の場合は実印)

普通車(成人されているの方)

  • 印鑑証明書
  • 実印
  • 車庫証明(不要な地域もあります)

普通車(未成年の方)

  • 親権者の同意書(親権者の方の同意書)
  • 戸籍の謄本(親権者の方との関係が分かる書面)
  • 親権者の印鑑証明書
  • 本人の実印
  • 本人の印鑑証明書
  • 車庫証明(不要な地域もあります)

まとめ

今回は未成年の方が車を所有するのに必要なことをお送りしました。

車を買ったら、任意保険にも加入して安全運転でカーライフをお楽しみいただきたく思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
     

価格に納得!安心の保証付き!!

当社「車の激安店黄門さま」は

  • 認証工場による安心の点検・整備を実施。
  • 一年間全国ディーラ―にて修理可能、納車後距離無制限の安心の保証付き
  • 保証期間中は24時間365日故障による牽引50Km付帯
  • 保証期間最大2年に延長可能

あなたの新しいカーライフをサポートします!


在庫検索

     
     

コメントを残す

*

CAPTCHA