Vol.4 ドライブレコーダーで防犯対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

近年、煽り運転などの報道により「ドライブレコーダー」の需要が高まっております。

愛車に取り付けることで映像と音声を記録してくれるドライブレコーダーは、事故などの思わぬアクシデントの際に確かな証拠能力を発揮してくれます。

今回は、「ドライブレコーダー」がどのようなときに役に立つのかをご紹介します。

交通事故が起きたとき

どれだけ安全運転をしていても、交通事故は起こりえることです。

いざ起きたときに、相手のドライバーが必ず警察に真実を話してくれるとは限りません。

しかし、ドライブレコーダーがあればその映像が証拠として活用することができます。

自分にとって不利な証言などから身を守るためにもドライブレコーダーの取り付けをおすすめします。

不正な取り締まりにあったとき

一時停止を止まったにもかかわらず「一時停止無視」の違反で検挙されるなどの事例において、

ドライブレコーダーの映像が証拠となり違反を取り消すことができた例があります。

警察は一度決めつけたら違反切符にサインするまで終わりません、ドライブレコーダーの動かぬ証拠(動画ですが)で対応しましょう。

駐車中の監視

ドライブレコーダーには駐車監視機能がある製品があります。

これはエンジンが停止している状態でも撮影してくれる機能です。

当て逃げや車上荒らしなどの犯人を記録し、いざというときは警察に被害届を出すときなどに役に立ちます。

自動車保険の特約

最近では自動車保険の特約ドライブレコーダーのついたものがあります。(例:損保ジャパン日本興亜 DRIVING!)運転中のサポート機能や保険会社や警備会社へ自動通報してくれるなどの機能、自分の運転を診断するサービスなどがあります。

もしも事故を起こしたととき対応に不安がある場合にはおすすめの特約です。


終わりに

いかがでしたか、今回はドライブレコーダーに関する話をお届けしました。

日頃安全運転していても発生してしまうアクシデントにドライブレコーダーは役立ちます。

この記事がみなさまのカーラーイフのお役に立てば幸いです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
     

価格に納得!安心の保証付き!!

当社「車の激安店黄門さま」は

  • 認証工場による安心の点検・整備を実施。
  • 一年間全国ディーラ―にて修理可能、納車後距離無制限の安心の保証付き
  • 保証期間中は24時間365日故障による牽引50Km付帯
  • 保証期間最大2年に延長可能

あなたの新しいカーライフをサポートします!


在庫検索

     
     

コメントを残す

*

CAPTCHA